研究活動

刊行物

  • 論文「宣教師ホイヴェルスの日本語文学―「世界文学」の精神を考える」

    参加者: 郭 南燕

    日時:2018年4月

    場所:伊藤守幸、岩淵令治編集『グローバル・ヒストリーと世界文学:日本研究の軌跡と展望』勉誠出版、114-133頁

    参考:http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100877

  • 書評「『ザビエルの夢を紡ぐ』郭南燕著 日本人の魂への郷愁」

    参加者: 評・鈴木 幸一

    日時:2018年5月20日

    場所:『読売新聞』10面

    内容:研究主宰者郭南燕の新著『ザビエルの夢を紡ぐ』についての書評です。

  • 書評「『ザビエルの夢を紡ぐ』郭南燕著 母語話者にない「最上のわざ」」

    参加者: 評・サンキュー タツオ

    日時:2018年5月12日

    場所:『朝日新聞』朝刊20面

    内容:研究主宰者郭南燕の新著『ザビエルの夢を紡ぐ』についての書評です。

    参考:http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2018051200004.html

  • センター通信「イギリス人宣教師の手紙」

    参加者: 石上 阿希

    日時:2018年3月31日

    場所:『日文研』60号

    内容:平成28年度人間文化研究機構若手研究者海外派遣プログラムの助成金による海外調査についての報告です。

    参考:http://id.nii.ac.jp/1368/00006904/